• ホーム
  • JavaScriptって何?何ができるの?

JavaScriptって何?何ができるの?

パソコンの画面にあるSNSのアイコン

HTMLとCSSが出来る人ならば、ぜひ学習したいのがJavaScriptです。JavaScriptというのはプログラミング言語のひとつで、特にWeb用の言語として知られています。沢山の言語がある中でもWebに使われている言語で、かなり珍しい部類の言語に入るでしょう。
今のWeb制作者などの専門的な知識や技術がある人なら、JavaScriptの知識や技術、ちょっとした書き方や編集の知識は必要不可欠です。ワードプレスなどのシステムや複雑なWebサービス、プログラムなどには多く使われているので、もっと複雑な事がしたい人はまず学習するといいでしょう。

JavaScriptの特徴としては、ウェブサイトやウェブアプリケーション、ゲーム開発などに使われているという事です。その中でもWebサイトであれば、サイトの表示を自動で変更したり、サイトの情報のやり取りを自動で行ったりと、HTMLにはできない動作をするのが特徴です。上手に使いこなせるようになれば、より複雑なサイトやウェブサービスを作れるようになるので、上達したい人やちょっとサイトの表示に変化をつけさせたい人、工夫をしたい人には良いでしょう。

学習については、どちらかといえばあまり癖がなく学びやすい言語だといわれています。初心者でも学習する場合はHTMLとCSSの知識が必要になりますので、それらにある程度慣れてからの方が良いでしょう。
ブラウザ上で動く言語としてはかなり複雑なため、きちんとした学習が必要です。初心者の場合でも、専門的なウェブサイトなどで学習した方が良いでしょう。

ところで、これは重要な点なのですが、JavaScriptでは他のセキュリティ問題を引き起こすことがあります。というのも、プログラミング言語であり、様々な動作をさせたり、いろいろな情報処理を行う事が出来ます。HTMLやCSSとは違い、悪用すればウイルスなどに転用できる可能性も存在するので、きちんとセキュリティについても対応できるようにしておきましょう。

きちんと使えるようになれば、ゲーム開発やアプリなどにも転用でき、ブラウザだけではなくスマホ用やパソコンの画面用など、いろいろな所で使いやすい言語になります。また、専門的なウェブサイト作成者になりたいのなら必要不可欠な言語といえるでしょう。
HTMLとCSSにある程度置慣れれば、次はJavaScriptといわれるほどの言語です。ウェブサイトには重要な言語ですが、学びやすい言語でもあります。興味があるのなら、ぜひ学習してみましょう。

関連記事
人気記事一覧