• ホーム
  • サーチコンソールの使い方をご紹介

サーチコンソールの使い方をご紹介

今の時代、検索サイトから検索してそのキーワードでやって来る人は少なくありません。このため、サイト運営者に向けた検索サイトの最適化をするためのツールとして、GoogleはGoogleサーチコンソールというサービスを提供しています。

このサービスのすごいところは、検索サイトを経由してブログ閲覧者を集めるためのテクニックである、SEOというテクニックに特化しているという事です。特にサイト運営者ならばぜひ行いたい対策ばかりに特化しているので、検索サイト経由で閲覧者を集めたい人であれば、ぜひ活用してみましょう。

まず、大事なのがサイトマップ送信です。サイトマップとはそのサイトにどんなページやコンテンツがあるかをまとめたもので、特に重要なのがXMLサイトマップという物を送信することで、沢山のサイトのコンテンツをGoogleに提供できます。このため、サイトマップ送信することによってそのサイトに何があるかを知らせる事が出来るでしょう。

次に、手動による対策の有無を知る事が出来る、という事です。検索サイト対策のためにどのサイト運営者もある程度サイトの対策は行っているものなのですが、あまりに手動による対策をやりすぎると、今度はペナルティを食らい、掲載順位が下がるなどの可能性があります。これをGoogle側が把握したかどうかを知る事が出来るのが手動による対策です。

また、沢山のサイトからリンクを張ってもらったり、こちらからもリンクを張るのはサイト運営の時には当然のことなのですが、中には質の低いリンクを得る場合もあります。これを否定するためのツールとして、リンク否認ツールというのを使いましょう。リンク否認ツールを使うことで、貰ったリンクが悪質で意図しないものだとGoogleに伝える事が出来て、ペナルティを避けられるかもしれません。

そのほかにも、サイトのクロールエラーやサーチコンソールじょうでのバックリンク、CTRなどを知る事が出来ます。内部リンクや外部リンク、掲載順位やそのクリック数などを見ると、HTML内でどのように修正すれば検索サイトから自分のサイトに集客できるかを知る事が出来るでしょう。

バックリンク数についてやクリック数について知る事が出来れば、そのサイトの価値を知る事も出来ます。また、クロールエラーによって内部リンクがおかしいかどうかを知ったり、CTRやバックリンク数を知ったり、リンクや検索キーワードを知ることで、サイトの運用方針を調べる事も出来るでしょう。

関連記事
人気記事一覧