• ホーム
  • アナリティクスの使い方をご紹介

アナリティクスの使い方をご紹介

検索サイトのGoogleでは、サイト運営者やサイト管理者のためのサービスをいくつか提供しています。
Googleの場合はサーチコンソールもありますが、さらに登録しておきたいのがGoogleアナリティクスです。こちらはアクセス解析サイトに特化しており、登録すると無料でアクセス解析サービスを見る事が出来るサービスになります。

まず、知る事が出来るのはそのサイトの動向です。定期的にそのサイトの観察が出来るので、サイトの中身や外部からどのくらいアクセスがあったか、ページビュー数はどのくらいかという事を確認できます。つまりシンプルに、どこからいくつアクセスがあったかということを知る事が出来ます。

もうひとつはデバイスやユーザーについて知る事も出来る、という事でしょう。例えばあなたのブログがスマートフォンで見ている人が多いのかPCで見ている人が多いのかによって、ユーザーの特性や改善点が分かるでしょう。特にスマートフォンに対応していないサイトの場合、ある程度スマートフォンに対応するようになると、ページビューが上がるかもしれません。

また、トラフィックチャネルというのもあります。これはユーザーがサイト内でどのように動いたかをチェックするツールで、比較的簡単にそのサイト内での動きを確認できます。

特に毎日見る必要はありませんが、サイト管理者の中には毎日観察している人もいるくらい細かく大きな情報を得られるようです。実はGoogleアナリティクスは頻繁にサイトデザインの変更やサービスの追加を繰り返しているので、学習するのは難しいのですが、ある程度学習すると毎日の使い方が分かるでしょう。

特に気をつけたいのが離脱率です。離脱率とは、サイトからほかのサイトに移動した、つまりそのページから離脱した人の割合になります。離脱率が高いページを改善すると、もしかしたらサイトの閲覧数やサイトの改善につながるかもしれません。

とはいえ、トラフィックチャネルやデバイスなどをチェックして定期的に改善点を工夫して、改善を繰り返すのが方法です。特に動向をチェックしていると、サイトの運営方針を変更したくなったり、サイトの改善につながるかもしれません。基本的に情報を集めて沢山の改善を加える事が大事なのですから、サイト作りが完成した時点で登録するのがおすすめです。定期的にチェックすると、サイトの運営に何かヒントが得られるかもしれません。

関連記事
人気記事一覧